結婚式前に脱毛すべき6つのパーツとは?

   

結婚式は女性にとって、憧れであり、とても大切な儀式です。一生に一度しか着ることがないかもしれないウェディングドレスを綺麗に美しく着こなし、誰よりも注目を浴びたいですよね。

ただウェディングドレスを着てみれば分かることですが、思った以上に肌の露出が多いです。万が一、肌を露出している部分から、ムダ毛がはみ出しているようなことがあれば、一生に一度の結婚式が台無しになってしまいます。

そこで、大切な晴れ舞台で恥ずかしい思いをしないように、結婚式前に脱毛すべき6つのパーツについて、ご紹介します。

結婚式前に脱毛すべきパーツ!

ウェディングドレスは、首やうなじ、背中、腕を見せる衣装が多いです。つまり脱毛すべき箇所は、主に上半身が中心になります。

顔にうぶ毛が生えていると笑顔でいても、くすんでいるように見えてしまいます。化粧ノリも悪く、肌触りも良くないので、うぶ毛の処理は必須です。

うなじ

結婚式では、髪をアップにすることが多く、うぶ毛などがあると、恥ずかしい思いをしてしまいます。結婚式では、白くてハリのある魅力的なうなじに仕上げておきましょう。

ワキ

最近のウェディングドレスは、袖のないタイプがほとんどです。キャンドルサービスやケーキカット、ブーケトスなどで、腕を上げることが多く、ワキが丸見えになってしまいますので、特にキレイにしておく必要があります。

袖がないウェディングドレスを選んだ場合、腕もぬかりなく処理を済ませておいてください。腕もキャンドルサービスやケーキカット、ブーケトスなどで、とても注目が集まりやすいです。

手・指

結婚式では指輪交換があるので、手や指には注目が集まります。カメラマンが望遠で撮影していますので、処理を忘れないようにしてください。アップで写った指輪交換の写真に、ムダ毛が生えた手や指が写っていたら、結婚式の思い出が台無しです。v

背中

ウェディングドレスは、背中が大きく開いたドレスが多く、髪をアップにするので、丸見えの状態になります。自分では確認しにくい部分ですが、特にしっかり脱毛をしておきたい箇所です。背中が綺麗な花嫁さんは、特に綺麗に見えるものです。

ドレスによって脱毛する箇所も変わります!

結婚式では、ウェディングドレスだけでなく、和装で式を挙げる方もいます。ウェディングドレスか和装かによっても脱毛に注意するパーツが違ってきます。

ウェディングドレス

  • うなじ
  • 背中
  • 手と指

ウェディングドレスは背中が目立ちますので、特に意識して綺麗にしましょう。

和装

  • うなじ
  • 手と指

和装の方は、通常のウェディングドレスより露出が少なくなる分、うなじなど見えている部分を特に意識しましょう。

 

以上です。

結婚式前に脱毛すべき6つのパーツについて、ご紹介しました。

上記の項目には、自分で脱毛しやすい箇所もありますが、自己処理に失敗すると肌荒れなどを起こして、取り返しの付かないことになるかもしれません。確実にキレイに脱毛したいなら、プロのエステティシャンのいる脱毛サロンでの脱毛がおすすめです。

ミュゼでは「両ワキ&Vライン美容脱毛完了コース」が100円で受けれます。まずはお試しのつもりで脱毛してみてはいかがでしょうか。

>>ミュゼのWEB予約はこちら!

 - 脱毛について