ミュゼで未成年が契約する場合、どのような形で親や保護者の同意が必要なの?

      2017/02/01

ミュゼでは、人気の部位である「両ワキ&Vライン美容脱毛完了コース」が、今なら通常価格「2,400円」のところ「1,000円」割引の「1,400円」で受けれますので、お金に余裕のない学生の方からの申し込みもたくさんあります。

※キャンペーン中はさらに安くなります。

ただ、16歳以上~19歳以下の未成年の方が施術を受ける場合、全身脱毛でも部分脱毛でも、親もしくは保護者からの同意が必要です。対象となる方は、高校生、専門学生、大学生の割合が多いのではないでしょうか。

残念ですが15歳以下の方は脱毛施術を受けれません。親権者の同意なく施術を受けれるのは、20歳以上からです。

未成年の方がミュゼで契約をする流れですが、「親が無料カウンセリングを同席できる場合」と、「同席ができない場合」とでは、流れが少し変わってきます。

それぞれの流れを説明しますので、参考にしてみてください。

無料カウンセリングに親が同席できるケース!

親が一緒に来てくれれば、当日中に脱毛の契約が可能になります。同意書に親権者の方の自筆で「署名」「捺印」をし、契約が完了です。

ただ当日中に契約はできますが、脱毛は受けれません。未成年の方だけでなく、成人の方でも同じです。次回の予約から脱毛施術が可能になります。

※ミュゼは女性専門エステサロンなので、親権者が男性の場合、一緒に無料カウンセリングを受けることができません。

同意書に記入する内容は?

同意書に記入する内容ですが、特別なことは何もありません。

脱毛を受ける本人の「名前」「生年月日」と親権者の「住所」「氏名」「連絡先」を記入し、未成年の方が脱毛を受けることを承諾する内容の記述に同意し、日付を記入してから、印鑑を押して提出という形になります。

↓以下は親権者同意書の記入例です。

カウンセリング時に、親権者同意書をもらえますが、紛失してしまった時のために、ミュゼプラチナムの公式WEBサイトから直接ダウンロードすることも可能です。ダウンロードはこちらです。

無料カウンセリングに親が同席していないケース!

親が同席できないケースとして考えられるのは、友達同士でカウンセリングを受ける時でしょうか。

残念ですが、親が同席していない場合は、当日中に契約することはできません。

カウンセリングを受けた後は、同意書をもらって、一旦自宅に帰ることになります。そして親に同意書を記入してもらい、再度店舗に行き、ミュゼから親へ電話確認が取れた時点で契約となります。

親への電話確認が取れないと契約できませんので、店舗に来店する時間は、連絡を取れるようにしておいてください。

※電話で確認する内容は、本当に保護者なのかをチェックするために、生年月日や電話番号、住所、干支などの確認があります。

未成年の方の無料カウンセリングのまとめ!

ここまでの未成年の方の無料カウンセリングについてのまとめです。

  • 未成年者は、16歳、17歳、18歳、19歳の方が対象で、15歳以下の方は受けれません。
  • 初回の無料カウンセリングは親の同席なしでも受けることができます。
  • 無料カウンセリングに親が同席していれば、当日に契約が可能です。
  • 無料カウンセリングに親の同席がなければ、2回目の訪問で親に電話確認の上、契約となります。
  • 無料カウンセリングの当日に施術を受けることはできません。

※他サロンでは、16歳以上で生理が2回以上きていないと施術を受けれないサロンもあります。

 

以上です。

ミュゼでは未成年の方でも脱毛を受けることはできます。ただし親の同意が必要です。一番早く契約できる方法は無料カウンセリングに同席してもらうことです。

私個人の意見としては、親に同席してもらった方が良いと思います。その方が、ミュゼのスタッフさんも親も安心できます。

>>ミュゼの公式サイトはこちら!

 - ミュゼについて