ミュゼは生理中に脱毛できるの?【施術条件と注意事項まとめ!】

      2017/12/04

脱毛の予約日に生理が重なってしまうことも十分に考えられます。そうなった時に、脱毛施術を受けることができるのでしょうか?

気になるミュゼプラチナムの生理中の対応について、まとめてみました。

生理中に施術は受けれるの?

ミュゼは生理中でもVIO以外なら施術が可能!

サロンによっては、生理中は、全く施術を受けれないサロンもあれば、一部施術を受けれるサロンもあります。

ミュゼでは、デリケートゾーン以外の箇所なら、生理中でも脱毛施術を受けることができます。

具体的に施術を受けれないのは「Vライン」「Iライン」「ヒップ奥(Oライン)」「トライアングル上・下」などのデリケートゾーンの部位です。

つまり、生理期間中でも、そのまま人気の脇や腕、背中の施術が可能だということです。

ただし、生理中は肌がデリケートな上に、刺激に敏感になっています。

痛みを強く感じたり、気分が悪くなることもあるため、十分に体調に注意を払うようにしてください。

脱毛予約当日に生理になってしまった場合は、予約をした店舗に電話で連絡するようにしてください。

ミュゼは当日キャンセルでもキャンセル料は掛かりません。

生理痛を抑える薬を服用している場合!

デリケートゾーン以外の箇所なら、生理中も施術を受けれると言いましたが、ロキソニンやバファリンなどの痛み止めを飲んでいる場合は、施術を受けれません。そもそも薬を服用している時点で、脱毛は受けれません。

理由としては、脱毛時に肌にダメージを受ける可能性がある上に、身体にも大きな負担が掛かってしまうからです。さらに薬による副作用の危険性も無視できません。体調を整えてから、施術を受けるのが、一番良い選択です。

※一部、お医者さんから許可をもらっているものなら、薬を服用していても施術は可能です。

ミュゼの生理中の施術の格好は?

普段はミュゼで用意されるガウンと紙パンツに着替えますが、生理中は、ご自身のショーツ(生理用品着用)のまま、ガウンを羽織って施術を受ける形になります。

下着から生理用のナプキンが見えると恥ずかしいので、重ね履きなどをしておいた方が良いかもしれません。もちろん来店時は、いつも通りの服装で問題ありません。

施術方法は、普段と同じです。生理中だからといって、何か特別な施術を行う訳ではありません。

他サロンの生理中の対応!

他サロンの生理中の対応をチェックしてみましょう。

ミュゼ デリケートゾーン以外なら生理中でも施術OK
銀座カラー デリケートゾーン以外なら生理中でも施術OK
エピレ デリケートゾーン以外なら生理中でも施術OK
ジェイエステティック デリケートゾーン以外なら生理中でも施術OK
キレイモ 全ての部位の施術はNG
シースリー 全ての部位の施術はNG
ラヴォーグ 全ての部位の施術はNG
レイビス 全ての部位の施術はNG
エターナルラビリンス 全ての部位の施術はNG
脱毛ラボ 生理日だけでなく、生理の前後3日間は全ての部位の施術はNG

ミュゼは比較的、対応が柔軟です(キャンセル料も無料)。

施術を受けれるかの判断が難しい場合は、スタッフさんに相談するようにしてください。

生理中の施術は、どのエステサロンも推奨している訳ではありませんし、余計な肌トラブルを起こすリスクを背負ってまで、無理に施術を受ける意味もありません。

レーザー脱毛やニードル脱毛が受けれる医療クリニックでも、生理中は、脱毛NGのクリニックの方が多いです。

ミュゼを途中解約した場合、当日キャンセル分は1回分消化扱い!

当日キャンセルしても、費用は掛からないと説明しましたが、ミュゼを途中解約した場合に限り、当日キャンセルした分は、返金の対象になりませんので、ご注意ください。

↓ミュゼの解約についての詳細を記事にしています。
>>ミュゼを解約する時の手順!【解約はいつでも可能です!】

生理中は脱毛コースによって対応が変わってきます!

今、受けている脱毛コース(部位ごと)によって対応が変わってきますので、内容をチェックしてみましょう。

デリケートゾーンが含まれるコースは、

  • Vライン美容脱毛完了コース
  • 両ワキ+Vライン美容脱毛完了コース
  • フリーセレクト美容脱毛コース Sパーツ
  • 全身脱毛コース
  • 全身脱毛コースライト
  • 全身脱毛コースバリュー
  • ハイジニーナ7VIO脱毛コース

上記の7つのコースです。

そのうち以下の

  • Vライン美容脱毛完了コース
  • ハイジニーナ7VIO脱毛コース

に関しては、デリケートゾーンのみのコースなので、生理中は施術を受けれません。

他の、

  • 両ワキ+Vライン美容脱毛完了コース
  • フリーセレクト美容脱毛コース Sパーツ
  • 全身脱毛コース
  • 全身脱毛コースライト
  • 全身脱毛コースバリュー

に関しては、デリケートゾーン以外の部分だけ施術を受けるか、全てをキャンセルするかの2通りの対応となります。

「両ワキ+Vライン美容脱毛完了コース」ですが、別々に予約を取ることはできませんので、ご注意ください。両ワキだけ施術を受けて、Vラインを後日、施術するということはできません。

生理が終わってから、どれぐらいで脱毛できるの?

生理が終わったからといって、すぐに脱毛施術を受けることはおすすめできません。

なぜなら、生理中はホルモンバランスが乱れた状態だからです。そんな状態では脱毛効果は期待できません。

施術を受けるなら、乱れたホルモンバランスが安定する約1週間後ぐらいがおすすめです。一番、脱毛効果を実感できます。

生理であることを伝える必要はあるの?

デリケートゾーンの施術の場合は、当然伝える必要があります。

デリケートゾーンを含まなければ、伝える必要はありませんが、いつもより肌への影響が強いことを考えると、安全を考えて、生理中であることを申告しておいた方が無難かもしれません。

無料カウンセリングの予約日に生理になった場合は?

ミュゼの脱毛コースに申し込む前に、無料カウンセリングを受けますが、その予約日に生理になっても、問題はありません。

無料カウンセリングでは、ミュゼのコースや費用についての説明をするだけで、契約した当日に施術を受けることはありませんので、生理になった場合の心配をする必要はありません。

体調が悪ければ、予約日を変更してもらうようにしましょう。

ミュゼのカレンダーアプリも有効活用しましょう!

ミュゼ公式アプリである「ミュゼプラス」は、基礎体温データの記録と生理日の予測・管理ができるカレンダーアプリで、毎日の基礎体温データをグラフ化したり、基礎体温データに基づいた生理・排卵予測日などをアプリ上のカレンダーに反映してくれる便利な機能があります。

そういったアプリで予約スケジュールを立てることで、生理日と脱毛予約日のバッティングを避けることができるので、上手く予定を調整してみてください。

 

以上です。

脱毛予約当日に生理になってしまったら、まずは予約を入れた店舗に連絡するようにしてください。

ミュゼなら、当日キャンセルでもキャンセル料は掛かりません。

個人的な意見としては、生理中はデリケートゾーンはもちろん、他の箇所の施術もおすすめできません。生理中の脱毛は、肌への負担も掛かりますし、衛生面でも良くありません。

どうせ施術を受けるなら、体調を万全に整えた上で、受けた方がより効果的です。

手間が掛かりますが、再度予約を取り直すことをおすすめします。

↓ミュゼの妊娠中の対応について個別に記事にしています。
>>妊娠中でもミュゼに通える?施術途中で妊娠した時は?連絡は必要?

>>ミュゼの公式サイトはこちら!

 - ミュゼについて