ワキ脱毛でワキの臭いの予防ができるの?

   

ワキの臭いで悩んでいる方は、本当にたくさんいます。

特に夏場などは汗をかきやすいので、必要以上に臭いに過敏になり、人と上手くコミュニケーションを取れない方もいるぐらいです。

そんなワキの臭いに悩んでいる方には、ワキ脱毛を試してみることをおすすめします。

ワキ脱毛で臭いの予防!

ワキ毛があることで、毛に汗や皮脂が絡みつき、雑菌が繁殖しやすくなります。この雑菌が嫌な臭いの元になります。ワキの脱毛を行えば、見た目がキレイになるだけでなく、雑菌の繁殖を抑えることができ、ワキの臭いの予防につながります。

注意点として、脱毛を毛抜きなどで自己処理する方もいますが、臭いの元となるアポクリン腺を刺激してしまうため、毛抜きでの自己処理はおすすめできません。脱毛するなら、脱毛サロンでプロに方にお任せするのが一番です。

ワキの臭いの原因とは?

汗は「エクリン腺」と「アポクリン腺」という2つの汗腺から分泌されます。

エクリン腺から出る汗は、汗にわずかに含まれている塩分によって雑菌を抑えられているので臭いませんが、アポクリン腺から出る汗は、タンパク質や脂質を含んでいるので、雑菌の元となり、雑菌が繁殖して、嫌な臭いが発生します。これがワキの臭いの原因です。

つまり、常にワキ汗の対策をしていないと、すぐに嫌な臭いを発しますので、注意が必要です。

ワキの脱毛でワキ汗が増える?

脱毛することで、ワキ汗が増えたと感じる方がいますが、ワキの脱毛が原因でワキ汗の量が増えることはありません。ワキ汗が増えたと感じる原因は、ワキを脱毛したことにより、ワキを意識するようになり、緊張のため汗をかいてしまうことが多いようです。

ワキの毛は汗などを吸収する役割があるので、脱毛したことにより、ワキ汗を強く感じるようになってしまったのだと思われます。

脱毛後に臭いが強くなった?

脱毛後に臭いが強くなったと感じる方もいますが、考えられる原因としては、脱毛をした毛穴に皮脂や老廃物が溜まり、酸化することで、臭いが発生している場合があります。

もし臭いが強くなったと感じるなら、まずは自分の毛穴をチェックしてみてください。毛穴の奥に皮脂や老廃物が溜まって、炎症を起こしている場合は、すぐに皮膚科に行くようにしましょう。

 

以上です。

ワキ脱毛でワキの臭いの予防ができます。デオドラントスプレーやワキ汗パッドでも、臭いの予防はできますが、どうしても一時的な対処となってしまいます。雑菌が繁殖しやすいワキの毛を脱毛することで、かなり効果的な臭いの対策となります。

脱毛は自己処理よりも、脱毛サロンでの脱毛がおすすめです。自己処理では肌を痛めたり、臭いの元を強くしてしまう可能性があります。

ミュゼでは「両ワキ&Vライン美容脱毛完了コース」が、たったの100円で回数、期間無制限で脱毛を受けることができますので、お得ですよ。

>>ミュゼのWEB予約はこちら!

 - 脱毛について